あかちゃんはいつからいろんな飲み物が飲める?普通のお茶(麦茶)、ポカリ、飲むヨーグルト辺りが最初?ストローは必須!

スポンサーリンク

こんにちは、ライターのayamamaです。

赤ちゃんは生まれてすぐに母乳やミルクで水分補給と栄養を摂取しますね。
そして、次に栄養は離乳食という形で摂るようになってきます。

でも、いつまでもミルクで水分補給をするわけにはいきませんね。
では、いつから赤ちゃんはいろいろな飲み物が飲めるようになるのでしょうか?

今回は、赤ちゃんの飲み物について、お話ししていこうと思います。
ぜひ、参考になさってみてくださいね。

ミルク以外の飲み物を与えていいのはいつから?

赤ちゃんはミルクで水分補給をしていますが、だんだんとそれ以外の飲み物を飲めるようになっていきます。

基本的には、離乳食を始める6か月ぐらいまでは母乳やミルクで水分補給をします。
生後3か月から6か月ごろまで基本的には母乳やミルクを優先して与えるようにしたいです。
ただ、暑い時期にはお風呂上りなどには水分補給として白湯などを与えるといいでしょう。
離乳食を与えるまでは栄養は母乳やミルクで充分です。

生後6か月ぐらいになると離乳食がはじまります。
このころにはミルクやお水以外で飲み物を与えても構いません。

はじめのころは、吸って飲むという動作が難しいので、スプーンで1杯ずつあげるようにしましょう。

赤ちゃんに飲ませていいものは?

では、母乳やミルク以外でどのような飲み物を飲ませることができるのでしょうか?
飲み物でもアレルギーなどが発症してしまう恐れがあります。
ですから、最初にミルク以外で与えるのはお水が一番です。
お水から徐々に飲み物になれさせるようにします。

特に糖分を含む飲み物は、内臓の機能が完璧に発達していない赤ちゃんの場合には、飲み物として摂取したものの分解に時間がかかり負担もかかってしまいます。

ですから、お水以外の飲み物の場合には麦茶やほうじ茶など糖分のない飲み物を選んであげるとよいでしょう。

赤ちゃんの舌ではお茶でも苦味を感じることがあります。
一度嫌だと思うとなかなか飲んでくれなくなるので薄味に作られている赤ちゃん用のお茶を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

お茶にはカフェインが含まれているものもあります。
ウーロン茶や緑茶にはカフェインが含まれているので1歳を過ぎてからにしましょう。

気になるのはヨーグルトのような乳酸菌ドリンクを飲むことができるのかどうかということです。

残念ながら糖分が多く含まれているものは生後1歳を過ぎたころから少量から飲むことができます。

ただ、どうしても糖分を含むドリンクは虫歯の原因ともなるのであまり多くを与えないように気をつけなくてはいけません。

赤ちゃんの飲み物はストローもいるの?


赤ちゃんが母乳やミルク以外の飲み物を飲むようになったらストローの練習も始めた方がいいのでしょうか?

赤ちゃんは母乳やミルク以外の飲み物を摂るようになってくると、すこしずつ卒乳への準備をすることになります。

そこで必要となるのがストローです。
ストローを使って吸うことで舌の運動の訓練になりますので、離乳食など食事をする訓練ともつながります。

赤ちゃんがストローを使い始めることができるのは早くても生後6か月ごろからです。
満1歳を迎えるころにはストローで飲むことができるようになっている赤ちゃんが多いでしょう。

もちろん、とつぜんストローを上手に使えるようになるわけではないので、少しずつ練習をしましょう。

練習には普通のコップにストローをさしてつかうよりも、カップにつける蓋に専用のストローが付いているストローマグなどを利用するとよいでしょう。

紙パックの赤ちゃんのみものも便利

紙パックで赤ちゃん用の麦茶などが販売されています。
ですから、お出かけのときなどにもとっても便利です。

自宅でもストローマグなどをわざわざ準備するのは面倒だという場合には、このような紙パックの飲み物を利用してストローの練習をしてもよいでしょう。

すこし大きくなると赤ちゃん用のジュースなども紙パックで飲めるようになってくるので上手に活用すればお母さんもすこし楽ができるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ


いかがでしたか?

今回は、赤ちゃんの飲み物についてお話してきました。

赤ちゃんが母乳やミルク以外で水分補給ができるようになるのは、離乳食を始める時期からになります。

水や麦茶など内臓に負担の少ない物から少しずつ練習していくといいでしょう。

自分で準備するとなかなかお茶の濃さなどがわからないので、初めのうちは市販の赤ちゃん麦茶などを利用するとよいでしょう。

体が少しずつ慣れてきたところでジュースなども少しずつ飲ませてあげてもよいでしょう。

市販の赤ちゃんドリンクはどの時期から飲めるかがかかれているので、それを参考にして利用するとよいでしょう。

LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする