飛騨高山のガッタンゴーの渓谷コース予約方法とアクセス方法

スポンサーリンク

こんにちは、ライターのayamamaです。

最近、廃線を利用してハイキングを行ったり、観光に役立てる廃線観光が流行しているのを聞いたことありませんか?

廃線の利用の仕方はいろいろなのですが、そのなかでもユニークなのが岐阜県飛騨高山のガッタンゴーです。

ガッタンゴーって何?と思うでしょ?

でも知ると、絶対に行きたくなるので、今回は詳しくご紹介していこうと思います。

2018年から新しく「渓谷コース」が追加されました!

スポンサーリンク

ガッタンゴー(Gattan Go!!)とは?

ガッタンゴーは、レールマウンテンバイク
左右に2台並べて連結させたマウンテンバイクで廃線になった線路の上を走る、新感覚の乗り物なのです。

人力と電動アシスト自転車のハイブリッド車、子どもが安全に体験できる観覧シート付、サイドカーとEV自転車を連結して1人乗りを可能にしたタンデム車、スタッフがオートバイで牽引する木製トロッコなどいろいろあって、どれに乗ろうかと迷ってしまいそうです。

自転車なのにガタンゴトンという振動を感じながらレールの上を走るのは大人も子供も楽しめます。

ガッタンゴーを運航しているのは廃線となった神岡鉄道の線路です。
猪谷駅から奥飛騨温泉駅間の約20キロを結んだ神岡鉄道は2006年に廃線を迎えました。

ガッタンゴーの予約方法と営業時間

ガッタンゴーの予約方法と営業時間もご紹介しておきましょう。

ガッタンゴーは事前に予約してでかけましょう。

特に2018年から追加された「渓谷コース」は人気ですので、予約必須です!!

電話予約

1.予約専用ダイヤルへ電話します。
090‐7020‐5852(受付時間9:00~17:00定休日を除く)
個別対応の電話なのでつながりにくくなっています。

2.希望日時、グループの人数、をつたえます。
予約状況などの確認ができて、日時や車種が決まります。

3.連絡先をつたえる
代表者の名前、連絡先の電話番号を知られます。

インターネット予約

2018年2月22日からインターネットでスマホなどからも予約が可能になりました。

予約内容を入力
  ↓
コースを選択(まちなかコース・渓谷コース)
  ↓
ご希望の車両タイプを選択
  ↓
車両の数を選択
  ↓
日時をカレンダーから選択
(一部車両のみ)オプションを選択
  ↓
注意事項を確認
  ↓
お客様情報を入力

これで予約は完了します。

予約状況も確認できますので、インターネットからの予約が一番いいと思います。

当日までに必ずダウンロードページから同意書を印刷して、必要事項を記入して当日受付にもっていきましょう。

ガッタンゴーの営業時間

4月~9月が9:00~16:30最終便。
10月~11月が9:00~15:30最終便。
4月~11月の短縮営業日は、10:00~14:30最終便。

スポンサーリンク

ガッタンゴーのアクセス方法と混雑状況

アクセス

ガッタンゴーへのアクセス方法をご紹介しましょう。

住所:岐阜県飛騨市神岡町東雲(あずも)1327-2

※旧神岡鉄道奥飛騨温泉口駅

車で行く場合には、東海北陸道 飛騨清見ICから中部縦貫道 高山ICへ、国道41号を富山方面へ(車で約80分)
となっています。

混雑状況

混雑状況ですが、一番混雑する時期はゴールデンウィークとお盆になります。
この時期は予約をしていてもトロッコなど定員が多い車種は相席になる場合がありますので気を付けましょう。

通常の週末であっても、いい時間はすぐに予約で埋まってしまいますので、予約状況は早い時点で確認しておきましょう。

ガッタンゴー、雨が降った時は?

せっかくガッタンゴーを予約して楽しみにしていたのに雨が降ってしまった場合はどうなるのでしょうか?

基本的に雨天でも原則営業をしています。

けれども、大雨や雷雨で運航が困難な場合、または危険と判断した場合には、営業中止となる場合があります。
予約をしている人には中止の決定が出た時点で電話で連絡をしてもらえますので、連絡のつく携帯電話の番号を知られておきましょう。

服装

ちなみにガッタンゴーを利用するときに服装ですが、動きやすい服装がオススメです。
また、線路の鉄さびが飛ぶことがあるので汚れてもよい服装ででかけるとよいでしょう。

家族でガッタンゴーを楽しみたいという場合には、身長140㎝未満の子どもは観覧シートやベンチシート、またはトロッコが利用できます。
妊娠中の女性は振動があるので乗車できません。

ガッタンゴーの口コミは?

実際にガッタンゴーを楽しんだ方の口コミもご紹介しておきましょう。

「旧神岡鉄道の線路を走るとってもユニークな体験となりました。
 眺めがとても素晴らしくて乗っている距離が短く感じるくらい楽しかったです。
 いろいろな車種があるので子供と一緒にたのしめました。」

「廃線後の線路とバイクという組み合わせが楽しかったです。
とくに家族連れは楽しめるでしょう。
子供と一緒に楽しめるのはトロッコで家族で賑やかに楽しめました。」
と皆さん楽しんだようです。

まとめ

廃線観光が流行していますが、このガッタンゴーはとってもユニークで一度は楽しんでみたい観光でもあります。

廃線を利用して、レールマウンテンバイクにのって観光を楽しめるのですから家族で楽しめます。

もちろん、自然の中を走る線路ですから景色も素晴らしく季節によって違う風景を楽しむことができるでしょう。

ぜひ、お出かけの計画に入れてみてはいかがでしょうか?

LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする