窓拭きを新聞紙で拭くときれいになる理由は?鏡のウロコ取りも出来る?

スポンサーリンク

季節の変わり目や連休などになると、なぜが家のあちこちを掃除したくなる私。
特にリビングの大きな窓は、いつも綺麗であってほしいので頻繁に掃除をします。

そこで気になっていることがあります。
それは、窓拭きに新聞紙を使うとキレイになると言われていること。
わが家ではあまり窓拭きに新聞紙を使わないのですが、昔から言われていることでもありますよね。
普段の掃除もそうですが、年末の大掃除にも活躍してくれると思います。

今回は、そんな気になる新聞紙を使って窓拭きするとキレイになる理由を中心にお話していこうと思います。

どうして古新聞で拭くとピカピカになる?

昔から新聞紙を使った窓拭きはキレイになると言われていますが、どうしてなのでしょうか?

洗剤も雑巾もいらない、家にある新聞紙を使うだけでキレイになる秘密を探ってみましょう。

実は、新聞紙はインク油の油分を含んでいます。
ですから、洗剤を使わなくても油分が油分を分解してワックスのような役割をしてくれるのです。
ですから新聞紙で窓を拭くとピカピカになると言われています。
さらに、新聞紙で拭くことでガラスの撥水性もよくなるので拭き残した水分が白くなりにくいのもポイントです。

新聞紙で窓を拭く方法や用意するものは?


それでは、新聞紙で窓を拭くときのやり方や準備するものもご紹介していきましょう。

用意するもの:

新聞紙
ぬるま湯の入ったバケツ
ゴム手袋(新聞紙のインクで手が荒れないように)

準備:

汚れがひどい時には一度水拭きをしておきましょう。
新聞紙をくしゃくしゃにしたものとボール状に丸めたものをつくります。

新聞紙で窓ふきのやり方:

1.窓は外側から始めて、内側は後にしましょう。
※外側を先に掃除することで内側を掃除するときに拭きのこしが見つけやすくなります。

2.バケツのぬるま湯に丸めた新聞紙を浸してから窓をギザギザを描くように磨いていきます。
※一度で汚れが落ちない時は、同じようにもう一度行いましょう。

3.乾いている丸めた新聞紙の方で上から丁寧に円を描くように下へと磨いていきます。

この方法で窓拭きをすることで、新聞紙のインク油の油分が窓をコーティングして汚れにくくしてくれます。

油汚れなどが酷い窓の場合には、中性洗剤をバケツに少量入れて新聞紙を浸し、それを窓に貼り付けます。
そして、しばらく置いてからそのまま新聞で浮いてきた汚れをふき取ります。
仕上げに乾いたボール状の新聞紙で乾拭きすれば完成です。

使い終わった新聞紙ですが、乾いている新聞紙はそのまま廃品回収に出すことができます。

濡らしてしまった新聞紙は普通に燃やせるごみに出すとよいでしょう。

意外とかさばってしまうので、ある程度伸ばしてからごみにするといいと思います。

車の窓に使っても大丈夫?

窓ガラスを新聞紙で掃除することでピカピカにできるなら、車の窓も同じように掃除しようと考える方もいるでしょう。

でも、じつは新聞紙のインクが窓ガラスに付着することで雨が降った時にインクが油膜となってぎらついてしまいます
すると運転中の視界が悪くなって危険なのです。

ですから、車の窓ふきは新聞紙では行わない方がいいでしょう。

お風呂の鏡に付いたうろこ状の水垢も取れる?

残念ながら新聞紙を使っても、うろこ状の水垢は取れません。
この頑固なうろこは【重曹】【セスキ炭酸ソーダ】がオススメです。
多少面倒ですが、しっかり落ちますので、大掃除の際にがんばってやってみましょう!

重曹の使用した方法

ぬるま湯200mlに小さじ1、2杯程度重曹を溶かして重曹水を作ります。
それをスプレーなどで直接鏡に吹き付けてから、新聞紙で拭き上げます。

セスキ炭酸ソーダを使用した方法

これは重曹よりさらに効果のある方法です。
水500mlに小さじ1のセスキ炭酸ソーダを溶かして、セスキ炭酸ソーダ水を作ります。
それをスプレーなどで直接鏡に吹き付けてから、新聞紙で拭き上げます。
しばらく放置して、それをスクレイパーなどでセスキ炭酸ソーダ水を除去してください。

年末の大掃除に向けて

窓拭きと言えば大掃除。

年末の大掃除は家中お掃除しなくてはいけないから大変ですよね。

でも、今年の年末はこの新聞紙を使った窓ふきでさっとピカピカな窓を手に入れることができるから、いつもより少しだけ楽になるかもしれませんよ。

他にも、便利なお掃除グッズやお掃除方法などを見つけて、すこしでも楽に大掃除をしたいものですよね。

わが家では窓ふきは水ぶきの次にスウィーパーで水を落してから、乾拭きを2回していました。
この方法もとてもきれいになるのですが、手間がかかるのが問題でした。

新聞紙を使った方法なら、2回で済むので楽そうですよね。
いままで、知っていたけれどやらなかった知恵を今年の大掃除でためしてみようと思っています。

みなさんもぜひ、試してみてくださいね。

まとめ


いかがでしたか?
今回は、新聞紙を使った窓ふきがキレイになる理由や掃除の仕方をご紹介しました。

昔から窓ふきには新聞紙を使うといいとは言われていたけれど、なんとなくやらなかった私。
やったことがあるけれど、綺麗にならなかったからやめてしまったという方もいるかもしれません。

実は新聞紙を使った窓ふきにもコツがいるんですね。
今回ご紹介した方法で窓ふきをしてみたら、本当にキレイになりました。
今までは自己流だったのでこうして正しい方法を知れたことはよかったと思っています。

みなさんも、今年の大掃除や普段のお掃除で窓を拭くときには新聞紙で拭いてみてください。
思った以上にキレイになるかもしれませんよ。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする