赤ちゃんはいつから一緒にお風呂に入れる?入浴剤入りや温泉も大丈夫?シャンプーやボディーソープを使ってもいい?

スポンサーリンク

こんにちは、ライターのayamamaです。

出産を無事に終えて、赤ちゃんと一緒に自宅に帰ったら、いよいよ赤ちゃんとの生活がスタートします。
初めての赤ちゃんとの生活は、わからないことばかりで戸惑ってしまいます。

赤ちゃんは退院後しばらくはベビーバスで沐浴をします。
では、いつごろまで赤ちゃんはベビーバスでの沐浴を行うのでしょうか?
いつごろから、ママやパパと一緒のお風呂に入ることができるのでしょうか?

今回は、そんな気になる赤ちゃんのお風呂について、お話ししていこうと思います。
ぜひ、今後の赤ちゃんとの生活の参考になさってくださいね。

赤ちゃんと一緒にお風呂に入れるようになるのは?

赤ちゃんは、生後1か月を過ぎると1か月健診をうけます。
この健診でとくに問題がない場合には、赤ちゃんは家で家族と一緒にお風呂に入ることができるようになります。

ここからは、ママやパパと一緒にお風呂に入れるようになるので、お風呂はパパのお仕事というご家庭も多いでしょう。

初めてのお風呂は、ママ一人では大変かもしれません。
入浴する係りとお風呂上りのお世話をする係りに分かれておくとスムーズに赤ちゃんを入浴させることがあるので安心です。

もちろん、事前に準備をしっかりとしておけば、ママ一人でも大丈夫です。

赤ちゃんとのお風呂に入浴剤は入れていい?

お風呂時間をより楽しむために入浴剤を使っているご家庭も少なくないでしょう。
でも、赤ちゃんと一緒にお風呂に入る場合には、入浴剤を入れてもよいのか気になりますよね。

赤ちゃんといっしょにお風呂に入る時、特にお肌に異常がない場合には満3か月ごろから入浴剤入りのお風呂に入ることができるようです。

一般的に市販の入浴剤を確認してみると大人と一緒のお風呂に入れるようになったら入浴剤を使用してもよいと書かれているものが多いです。

ただ、赤ちゃんのお肌は大人のお肌の半分程度の薄さなのでとても敏感となっています。
赤ちゃんにも使用可能な入浴剤でも肌荒れを起こす可能性もあるので様子を見ながら使用するとよいでしょう。

また、入浴剤入りのお湯を誤って飲み込んでしまう可能性もあるので無理に入浴剤をつかう必要はないでしょう。

赤ちゃんは温泉に入れるの?


もう一つ、気になることといえば温泉です。

赤ちゃんが生まれて忙しい毎日が続く中で、少しでもゆっくりしたいと温泉に出かけたいと思っている方も多いでしょう。

でも、赤ちゃんって温泉に入ることができるのでしょうか?

実は赤ちゃんが温泉に入ることにはさまざまな意見があるようです。
入ってはいけないのは自宅でも沐浴をしている生後1か月です。

その後は入っていいのかという事になりますが、大浴場に赤ちゃんを連れて行くこと自体ちょっと心配なので、部屋についている温泉風呂や貸し切り風呂でパパと協力した方がいいでしょう。

温泉にもさまざまな泉質がありますが、赤ちゃんは刺激の少ない温泉を選んであげるといいでしょう。

刺激の少ないというのは泉質や温度といったところです。
泉質は酸性泉のような大人でも肌に刺激を感じることがあるので赤ちゃんが使うのは気をつけなくてはいけません。

赤ちゃん用のボディーソープやシャンプーはいつまで?

赤ちゃん用のボディーソープやシャンプーがありますが、大人用をいっしょに使えるようになるのはいつ頃まででしょう?

ベビーソープの使用期間が決まっているわけではありません。
ベビー用のシャンプーやボディーソープは刺激がすくなく、大人でも使うことができますので赤ちゃんのお肌に合っていれば使い続けても構いません。

赤ちゃんのお肌のタイプによって刺激で赤くなったり、乾燥しやすかったりといろいろなのでお肌に合うものを選んであげましょう。

大人用と切り替える時期が決まっているわけでは無いので、2歳ごろを目安に大人の物を使ってみてもとくに異常がなければ徐々に変えて行ってもいいでしょう。

もちろん、そのままベビー用を使い続けてもお問題はありません。

まとめ


いかがでしたか?

今回は、赤ちゃんのお風呂についてお話してまいりました。

赤ちゃんは、生まれて1か月ほどは沐浴で大人と一緒にお風呂に入りませんね。
徐々に免疫が付いてくると大人と一緒のお風呂に入れるようになったり、入浴剤をつかえるようになったりとお風呂の楽しみも増えてきます。

赤ちゃんと一緒にお風呂に入るのも慣れるまでは大変かもしれませんが、その中でもママも楽しめるように入浴剤を選んだり、赤ちゃんと一緒に使えるボディーソープでお気に入りを選んだり、少しでも楽しい時間になるように工夫してみるのはいかがでしょうか?

LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする