友人の結婚式の二次会を欠席!メールやLINEで送る返事の文例

スポンサーリンク

こんにちは、ライターのayamamaです。

大人になると友人の結婚式に出る機会が増えてきます。
結婚式出席のマナーはなんとなくわかるけれど、二次会にもマナーがあるのか気になるところです。
出欠席のマナーや服装など、あなたはマナーのことどれくらい知っていますか?

例えば、友人の結婚式の二次会に欠席するのは失礼にあたるのか、返事はLINEでもいいのか?

普段なら当たり前にやっている事だけれど、結婚式の二次会となるちょっと迷いますよね。

そこで今回は、友人の結婚式の二次会に参加するときのマナーや不参加の連絡方法などをご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

友人の結婚式の二次会を欠席するのは失礼?

友人の結婚式には参加するけれど、二次会には欠席するというのは失礼なことなのでしょうか?

実は、多くの方が二次会は結婚式よりも軽んじて考えるようです。
けれども、主催者の新郎新婦からしたら、結婚式も二次会も一度しか行わない大切な場なのです。

ですから、結婚式に招待された場合と同じように、やむを得ない事情がない限りは出席するようにしたいものです。

どうしても欠席しなくては行けない場合には、できるだけ早く、相手の気持ちも考えて丁寧に対応しましょう。

友人の結婚式の二次会を欠席する時の返事はLINEやメールでもいい?

どうしても結婚式の二次会を欠席しなくてはならない時には、普段使っているLINEやメールで返事をしてもよいのでしょうか?

二次会の欠席の返事をメールですることは、場合によっては失礼にあたらない場合もあります。

例えば、主催者が新郎新婦でも幹事の人が一斉メールなどで招待している場合です。
その場合は、メールで返事をしても問題はありません。

幹事さんからのメールは、幹事さんが返事を確認している場合が多いのでとくに問題はないでしょう。
相手もメールで招待をしてきているのですから、メールで返信しても構いません。
これは、メールの送り主が新郎新婦からの場合でも同じことがいえます。

ただ、欠席する場合には直接、欠席について丁寧に話してお詫びをしたいという場合には電話で伝えるといいでしょう。

二次会の欠席の返事を、メールで送ることは相手との間柄や新密度にもよります。
どうしても出席できなくてもお祝いの気持ちをつたえたい場合には、直接会うか電話n方がいいでしょう。

スポンサーリンク

結婚式の二次会 欠席のメールの文章のパターン

では、実際に結婚式の二次会に欠席をする際のメールの文章はどのように書けばいいのでしょうか?

幾つかの文例をご紹介しておきましょう。

ご存知の通り、出席する場合には、
「ご結婚おめでとうございます。慶んで出席させていただきます」として返信します。

欠席の場合には「欠席します」だけでいいのでしょうか?
それでは、そっけない感じになってしまいますので、すこしお祝いの気持ちを書き添えましょう。

1.予定がある場合

ご結婚おめでとうございます。
二次会へのお誘いありがとうございました。
本当に残念ですが、その日は予定が入っていて二次会に出席することができません。
結婚準備で忙しいと思いますがお体に気を付けて、頑張ってください。
結婚式、楽しみにしています。

2.帰りの時間を考えて欠席の場合

ご結婚おめでとうございます。
結婚式は出席させていただきますが、帰りの時間があり子供をお留守番させているので足までは出席できません。
そのため二次会は欠席させていただきます。
すてきな結婚式楽しみにしています。

3.正直な欠席の理由

ご結婚おめでとうございます。
二次会にも招待していただき、ありがとうございます。
ただ、二次会にはほとんど知っている人がいない様なので今回は欠席させていただきます。
結婚式を楽しみにしています。
準備もがんばってね。

このように理由によっては、多少文章を変えて返事をしなくてはいけません。

もちろん、文章をこのまま使わずに自分らしい言葉で心を込めて返事をするといいでしょう。

突然の欠席は早めに連絡をすること

二次会に出席の返事をしていても突然の用事などで欠席することになった時には、できるだけ早く連絡しなくてはいけません。

この場合は、メールではなくてできるだけ電話で直接お話しするようにしましょう。
電話は主催者だけでなく、幹事、いっしょに余興をする予定だった人にも連絡をするようにしましょう。

まとめ

普段LINEで連絡を取り合っている人も、できるだけ電話で返事をすると良いでしょう。
二次会へのご招待はLINEで来るということはあまりないと思います。

ですから、メールでも構いませんのでLINEでの返信は避けた方がいいでしょう。

メールで返事する際にもできるだけ相手のことを考えて、御祝いの言葉とともに欠席の理由も合わせて伝えられるといいでしょう。

ただ、せっかく誘われたおめでたい席ですので、私としては極力出席する方がいいと思います。

結婚式の二次会もお祝いの場なので出来る限りは出席したいものです。
どうしても欠席しなくては行けない場合は、失礼のないようにきちんと誠意をもって返事をしましょう。

LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする