ダイエットって続けられませんよね?私の実績紹介します。

スポンサーリンク

女性の永遠のテーマ


ダイエット。
それは多くの女性が人生で多く口にする言葉(だと思います)
もちろん私もダイエット人生です。
小さいころは親が「大人になれば自然と痩せるから今は体力つけろ!」理論だったので、
ひたすらお菓子も食事も食べ続けていました。
大人になっても自然と痩せませんでした。

全然痩せない!?


20歳になり、社会人になっても痩せませんでした。
なんでだろう、痩せるんじゃなかったの?
親は私に嘘をついたんだろうか、デブ好き?
色々悩みましたが、ある年を境に一気に痩せたことがあったんです。
それは転職した時でした。
職場は新宿になり、会社帰りは同僚とショッピング&飲み会。
周りの女性はみんな細くておしゃれできれい。
私にも試着を進めてくれるおしゃれな同僚と鏡の前に並んだとき
「なにこのおばさん!!!」と自分体型をみて叫びました。
あの衝撃は忘れられません。
下半身は膨れ上がってメイクもしてない
無理やり1つに束ねた髪の毛、よれよれの服。
当時20歳なのにどうみても10歳、20歳は上のおばさん、になっていたのです。
そこからは同僚の助けももらい、必死に動きました、

私はこれで痩せました


朝のウォーキングに筋トレ、夜のマッサージ。
大嫌いなサラダも必死に食べて
服もアクセサリーも買い、美容室も行きました。
65キロあった体重は48キロまで減らすことが出来ました。

ダイエットは成功したけど・・・


おしゃれなファッション街に普通に歩くことが出来るようになりました。
その時ふと小さいころに聞いた両親の言葉の意味を理解しました。
「大人になれば自然と(周りに合わせておしゃれに気を使い、恋をして自分の体型が嫌でも気になり)痩せ(ようと努力す)るから今は体力つけろ!」
ということだったんです!
それはー…わからなかったよ。
恥ずかしい話、学生時代は男性が苦手で恋らしい恋をしたことがありませんでした。
そして地元の事務員として就職したため、メイクをする必要も感じず、
今でいう「女子力」が低いまま20歳になりました。
あの時は本当にピークに痩せていました。
しばらくぶりに出会う友人にはものすごく驚かれて
どうやって痩せたのか、食い入るように聞かれましたが、
運動して食事制限したことを話すと
「あーまあ、やっぱり動かないとだめかー」
「あなたはそうね、まだ若いから簡単に痩せるわよね」と一気に冷めた目をするんです。
失礼すぎる、私頑張ってダイエットしたのに。
そのあとは会社を転々としながら
環境に応じて痩せたり太ったりを繰り返し
今は55キロまで戻ってしまいました!
またしばらく運動と食事改善が必要なようです。
ダイエット人生、永遠に!

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする