愛顔つなぐえひめ国体2017 ブルーインパルスが見られる? 日程と見どころを紹介

スポンサーリンク

こんにちは、ライターのayamamaです。

国体といえば、毎年全国で持ち回りで開催されています。
今年の国体は9月に愛媛県で開催される「愛媛つなぐえひえ国体2017」です。

毎年楽しみにしているという方も少なくないと思います。

そこで、今回は愛媛つなぐえひめ国体2017の日程や見どころなどをご紹介していきましょう。
ぜひ、お出かけの参考になさってください。


えひめ国体とは?

まずは、えひめ国体についてご紹介していきましょう。


国体って何という方もいると思いますが、日本国内で行われる体育大会。
オリンピックの日本国内版のようなイメージでしょう。

毎年開催される場所は違いますが、愛媛県だけで開催となるのは初めてのことで地元では大変盛り上がっています。

多くの競技が行われるだけでなく、イベントも多いので選手ではなくても十分に楽しむことができます。

2017年のえひめ国体では、正式競技が36公開競技1の合計37競技が実施されます。開会式と閉会式、陸上競技は、ニンジニアスタジアム(愛媛県総合運動公園陸上競技場)で開催されます。

国体でブルーインパルスが見られる?

今年の愛媛つなぐえひめ国体の目玉ともいえるイベントがブルーインパルスの飛行展示です。

ブルーインパルスといえば、航空自衛隊の飛行隊で、飛行機がぴったりとならんで空を飛んだり、スモークで空に絵を描いたり、アクロバット飛行を披露する飛行隊となっています。
ですから、なかなか見る機会がないので、近くで飛行展示があればぜひ見に行きたいという方も多く、ファンもたくさんいます。

そんなブルーインパルスの飛行展示がえひめ国体でも開催されます。

愛媛県では平成11年5月に行われた「瀬戸内しまなみ海道開通イベント」での展示飛行以来、18年ぶりの実施になるので楽しみにしているファンもたくさん集まるでしょう。

ブルーインパルスの飛行日程は?

それでは、ブルーインパルスの飛行日程は決定しているのでしょうか?

愛顔つなぐえひめ国体の総合開会式になる9月30日にブルーインパルスの飛行展示が行われる予定となっています。

当日のブルーインパルスの飛行時間などの詳細はまだ発表になっていません。
後日、愛顔つなぐえひめ国体の公式ホームページで発表になると思われますのでチェックしてみてください。

スポンサーリンク

えひめ国体2017日程は?


それでは、えひめ国体の日程はどのようになっているのでしょうか?

ご紹介したように正式競技が36種目、公開競技と合わせて37競技が実施されます。
開会式、閉会式、陸上競技はニンジニアスタジアム(愛媛県総合運動公園陸上競技場)での開催となります。

その他の競技は各市に分散されて行われる予定で、開催時期や場所、観覧方法などはホームページで確認できます。


2017年えひめ国体の開会式と閉会式の観覧申し込みやデモンストレーションの参加申し込みは締め切られているので当日券はありません。

日程

2017年9月30日(土)~10月10日(火)

開会式が2017年9月30日(土)
閉会式が、2017年10月10日(火)

アクセスは、JR松山駅からJR四国バスに乗車して久万高原線で「総合運動公園」下車すぐです。

車の場合には、松山ICから約10分となっています。

えひめ国体のみどころは?

それでは、えひめ国体のみどころや競技以外にどのようなことがあるのでしょうか?

とくにオープニングプログラムや開会式式典での見どころが多いのでご紹介しておきましょう。

<オープニングプログラム>

・県民パフォーマンス(伝統芸能・ダンス等)
・県民によるイメージソングダンス(イメージソングダンスコンテスト入賞団体等)
・映像プログラム(愛媛県の魅力・えひめ国体までのあゆみ等の紹介)
・炬火集火式
・『みきゃんリレー』のゴール
・県民参加創作プログラム
  愛のくに愛媛”愛顔の物語”

創作プログラムでは、愛媛県民約1800人が愛媛の魅力を表現する団体パフォーマンスを披露するそうです。

<エンディングプログラム>

・ミニコンサート
このミニコンサートも楽しみの一つでしょう。

もちろん、ブルーインパルスの飛行展示も楽しみですし、見どころはたっぷりとありますね。

スポンサーリンク

まとめ


いかがでしたか?
今回は、愛媛で開催される愛顔えひめ国体2017について、ご紹介してまいりました。

・えひめ国体の日程は、平成29年9月30日(土)から10月10(火)まで開催
・開閉会式のメイン会場は、愛媛県総合運動公園陸上競技場
・えひめ国体の総合開会式では、ブルーインパルスの展示飛行が行われます

などをご紹介しました。

競技にはあまり興味がなくても、見どころたたっぷりある国体ですから一度足を運んでみるのはいかがでしょうか?

LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする