流山花火大会2017 駐車場?穴場のスポットは?

スポンサーリンク

こんにちは、ライターのayamamaです。

花火大会の醍醐味と言えば、花火の音や音楽と共に打ちあがる花火など趣向を凝らした演出です。

千葉県流山市の開催される流山花火大会もそんな趣向を凝らした演出が魅力の花火大会です。

そこで、今回は流山花火大会の日程や見どころ、おすすめの穴場スポットなどをまとめてご紹介しようと思います。

ぜひ、他の花火大会にはない、趣向を凝らした演出の花火を大切な方と一緒に鑑賞してはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

流山花火大会の有料席は?

流山花火大会を見るためのおすすめスポットと穴場のスポットをご紹介していきましょう。

流山花火大会は、毎年約15万人の人が訪れます。
かなりの混雑ですから、有料席を利用するとゆっくりと花火を楽しむことができます。

有料席

S席が土手の上に設置されたパイプ椅子席で1人3000円

グループ席で6人8400円

ペア席2人で6000円

A席は土手の斜面に用意されていて自由席になっており1人1500円

となっています。

前売りは、各種コンビニエンスストアなどで販売されます。

穴場スポット

つぎに、穴場スポットもご紹介していきましょう。

1.イトーヨーカドー流山店

平和台駅すぐのところにあるのでアクセスがよいこともオススメのひとつ。

屋上駐車場が穴場となっています。
ここは駐車場を無料開放してくれていて、買い物をしなくても無料で花火を楽しむことができます。
イトーヨーカドー内でお買いものして車で食べ物や飲み物を楽しみながら花火を見ることができます。

2.ヨークマート平和台店

流山駅からも平和台駅からもアクセスしやすいという穴場です。

駐車場は無料開放ではありませんが、お買いものして駐車場に行けば大丈夫です。
花火は真正面から見ることができるのでお勧めです。

3.早稲田公園

三郷川の穴場スポットの早稲田公園です。

公園内にプールもあるほど大きな公園で、流山側の仕掛け花火は少し見ずらいですが打ち上げ花火などはキレイに見ることができます。

4.三郷市立前間小学校付近

三郷側の穴場スポットで小学校の周りにある農道から打ち上げ花火がキレイに見えます。

JR三郷駅からは歩くと30分ほどかかるので地元の人が多いです。
あまり知られていないので、のんびりと花火を楽しむことができます。

このように花火をノンビリと楽しむことができる穴場スポットがいくつかありますので、チェックしてみてください。

流山花火大会とは?

流山花火大会についてご紹介していきましょう。

千葉県と埼玉県の県境にある江戸川の河川敷で開催されるのが流山花火大会です。

花火と音楽がシンクロする流山スカイミュージックスターマインなど見どころも満載の花火大会です。

埼玉県三郷市と同日開催になっているので、合わせると約1万4000発の花火が打ちあがります。

さらに会場周辺は、歴史的な建造物や古民家などを改装しておしゃれなカフェやレストランがあったりと、花火以外でも楽しめます。

趣のある街並みも楽しみたいところです。

2017年流山花火大会の日程は?

それでは、今年の流山花火大会の日程の詳細もご紹介しておきましょう。

開催日:2017年8月19日(土曜日)
小雨決行で雨天時は翌日に延期、延期日も荒天の場合に中止になります。

開催時間:19:00~20:30
開催場所:江戸川堤(流山1丁目から3丁目)

打ち上げ数:約10000発
住所:千葉県流山市流山1丁目から3丁目

アクセス:流山線流山駅から徒歩5分 流山線平和台駅から徒歩5分
つくばエクスプレス流山セントラルパーク駅から徒歩25分

となっています。

駐車場は用意されていないので、公共交通機関を使っていくとよいでしょう。

流山花火大会の見どころは?

では、流山花火大会の見どころをご紹介していきましょう。

流山花火大会は、土手を挟んで反対側で同日同時刻にもう一つの花火大会が開催されます。
それが埼玉県三郷市のみさとサマーフェスティバル花火大会です。

ですから、2つの花火大会を一度に楽しむことができます。
音楽とシンクロさせた花火やフィナーレの大玉スターマインなど花火大会らしいのが魅力でしょう。


スポンサーリンク

まとめ


いかがでしたか?

今回は、流山花火大会についてご紹介してまいりました。

流山の花火大会は、反対側の三郷サマーフェスティバルと一緒に楽しむことができるので人気があります。

1か所で両方の花火が楽しめるなんてなんだかお得な気分ですよね。
それだけ人気なのでかなりの混雑も予想されます。
ですから、今回ご紹介した穴場スポットを上手に利用して、のんびりと花火を見たいですよね。

または有料席を事前に予約しておけば、時間の心配もなくゆっくりでかけて、のんびり花火を楽しむことができるでしょう。

LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする