津 花火大会 2017 日程や駐車場は? 混雑状況・穴場スポットも紹介!

スポンサーリンク

こんにちは、ライターのayamamaです。

だんだんと暑くなってきてそろそろ夏のイベントが気になってきましたね。
とくに花火大会は、毎年楽しみにしている方もいるでしょう。

地方でもたくさんの花火大会があるなかで、津の花火大会に行ってみたいと思っている方もいるのではないでしょうか?

せっかく行くなら思いっきり楽しみたい津花火大会の日程駐車場穴場スポットなどをまとめてご紹介しましょう。

ぜひ、参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

津花火大会とは?

津花火大会は、大正時代から始まった津の町の夏の風物詩です。
海を舞台に繰り広げられる津花火大会は、海上花火が疾走する船からつぎつぎに打ち上げられ、クジャクが羽を広げたような華麗な美しさも楽しめます。

そして、花火大会の翌日には「津なぎさまちフェスタ」も開催されるので合わせて楽しみたいところです。

くわしくはこちら↓

2017年津花火大会の日程は?

では、今年の津花火大会の日程をご紹介しておきましょう。

開催期間:2017年7月29日(土)
荒天時は30日に順延。
開催時間:PM7:45~9:00
会場:津市阿漕浦海岸一帯

となっています。

会場までのアクセス:
<電車>JR・近鉄津駅東口3番バス乗り場よりシャトルバス運行
<車>津IC下車すぐ三重県産業支援センター駐車場からシャトルバス運行

お問い合わせ:
<問い合わせ先>
津花火大会実行委員会事務局:059-229-3234
当日の開催に関するお問い合わせ(音声案内):0180-99-3434

津花火大会に車で行くなら駐車場も知っておきたい

それでは、津花火大会に車で行こうと考えている方に駐車場もご紹介しておきましょう。

1.ボートレース津駐車場3000台(無料)

2.メッセウィングみえ駐車場1000台(無料)


この2つの駐車場が無料駐車場として用意されています。

ボートレース津の駐車場から海岸は直ぐなので歩いて10分程です。
メッセウィングみえ駐車場からは会場までシャトルバスが出ています。
シャトルバスも混雑が予想されますので早めに到着しておきましょう。

津花火大会は混雑予想は?

それでは、津花火大会はどのくらいの混雑が予想されるのでしょうか?

毎年多くの人が楽しみに訪れる津花火大会ですから、もちろん混雑が予想されます。
ちなみに交通規制もおこなわれます。
花火大会当日は会場周辺道路にて車両通行禁止:18時~22時予定しています。

ですから、お出かけはできるだけ時間に余裕をもって出るようにしましょう。

津花火大会を楽しみ穴場スポットは?

せっかくならゆっくりと花火を鑑賞したいという方に穴場スポットをご紹介しておきましょう。

1.なぎさまち

なぎさまちは、津松阪港にある港湾で商業施設となっています。
おしゃれなふんいきで人気のエリアなのですが、人はあまり多くないのでゆっくりと花火を鑑賞することができるでしょう。
当日は屋台の出店もあります。

2.ショッピングモールラッツ

ラッツは大型のショッピングモールです。
このラッツの屋上駐車場は、当日花火大会のために開放される予定です。
今年も開放されるかどうかは未定なので直接確認してみてください。

会場からあまり離れていない屋上ということで遮るものも少なく花火をしっかりと楽しむことができます。

3.阿漕浦海岸や御殿場海水浴場

人混みが苦手という方におすすめの阿漕浦海岸や御殿場海水浴場。
海岸なのでかなり広いエリアになりますので、ゆったりとレジャーシートを敷いて花火を鑑賞することができます。
打ち上げ会場から少し離れたところを選べば、あまり混雑しないのでお勧めです。

・津花火大会の見どころは?

では、せっかく津花火大会にでかけたら、見逃してはいけない見どころもご紹介しておきましょう。

何と言っても花火は約10000発が打ち上げられるので見どころ満載です。
昨年は、土浦全国大会で内閣総理大臣賞を3年連続受賞した花火メーカーの芸術的な花火も鑑賞することができました。

さらに一面に咲く桜の木々をイメージした花火、県内でも類を見ない100発越えの尺玉扇うちなど華麗な花火を存分に鑑賞することができますので、ご期待くださいね。

また、ヨットハーバー駐車場では毎年約150店舗ほどの屋台も出展されますのでこちらも楽しみにしましょう。

スポンサーリンク

・まとめ

いかがでしたか?
今回は、津花火大会の日程やアクセス方法、駐車場に穴場スポットまでご紹介してまいりました。

津花火大会は毎年14万人が訪れるかなり人気の花火大会となっています。
海岸を打ち上げ会場としていますので、すこしはなれば場所なら人混みを避けて花火を楽しむこともできます。

また、海岸でも少し高台などを選んで座れば、ゆっくりと鑑賞することができるでしょう。

今回ご紹介した穴場スポットなどを参考に、津花火大会をたっぷりと楽しめる自分なりの場所を見つけてみてくださいね。

LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする