隅田川花火大会を屋形船で見たい!値段は?予約方法は?

スポンサーリンク

伝統ある花火大会のひとつ、東京の隅田川花火大会には、95万人もの人が観に行きます。

あまりの人の多さに「今年はテレビ中継でも見るか」なんて人も多いと思いますが、早めに予約すれば、実は屋形船から優雅に観覧できるんですよ。

屋形船から花火なんて一度は体験してみたいですよね。

今回は隅田川花火大会を屋形船から観賞するための情報をお伝えします。

隅田川花火大会の屋形船とは?ツアークルーズもある?

屋形船というと、団体の貸し切り宴会船というイメージがあるかと思いますが、隅田川花火大会の開催に合わせて、乗り合い型の船がたくさん出ます。
仲間を募ってワイワイ団体予約もできますし、家族やカップルなど少人数でも、気軽に楽しめるようになっています。

屋形船から観覧できるメリット

・人込みの中歩き回らなくてもよい!
・早くから会場の場所取りをしなくてもよい!
・会場近くで花火を目の前で観覧できる!
・涼しい部屋で飲食しながら観覧できる!
・展望デッキから下町風景や東京夜景を眺めつつ観覧できる!
・掘りごたつなど脚が疲れない船もある!
・大きな船だとトイレ探しで困ることもない!

屋形船というだけで十分風情を感じられますが、ちょっと物足りないという方は、クルーズ船というものもあります。
花火観覧のみのクルーズ船から、お弁当や飲み物がついた添乗員付きの貸切船、中型・大型の豪華クルーズ船まで、いろんなオプションをつけて楽しめるツアークルーズもあります。

隅田川花火大会の屋形船の値段はいくら?

隅田川花火大会は夏のメインイベントですから、通常料金より高い特別料金となっているところがほとんどです。

予算はだいたい25,000円~35,000円といったところが一般的なようです。

花火大会がない通常プランは、ひとり8,000円~15,000円なので、かなり高く感じてしまいますね。
料金には料理と飲み放題などの飲み物がついていますが、イベントのため特別料理で出しているところも多いようです。

屋形船からのいろいろな観覧メリットを考えると、納得せざるを得ない価格ということなんでしょうね。
実際、会場近くの高級レストランを予約すれば、そのくらいの値段になります。

ちなみに、飲食のない観覧のみのコースだと、予算は18,000円くらいです。

隅田川花火大会の屋形船の予約方法は?

屋形船を運営している会社はたくさんありますが、「ご予約はお電話で」というところがほとんどです。
花火大会の1か月前には予約でいっぱいになっていますので、お気に入りの屋形船プランが見つかったら、すぐに電話する方がよさそうです。

ちなみに、どの会社がよいのかわからないという方については以下のサイトを参考にしてみてください。

「屋形船東京都協同組合屋形船」では屋形船コンシェルジュが相談に乗ってくれます。

「屋形船総合受付センター」では空席情報も載っており、WEB予約もできます。

また、予約する際には、人数やコースの内容はもちろん、支払い方法やキャンセル料、花火大会中止の場合の対応方法について確認しておくと安心ですね。

隅田川花火大会の屋形船の口コミを紹介

隅田川花火大会を屋形船から観覧した人の多くが

・「混雑しないから最高」
・「もう歩いて見に行こうと思わない」
・「揚げたて天ぷらなどお料理がおいしい」
・「料理が豪華で花火と夜景と贅沢な時間」
・「船酔いするかと思っていたけど、全く問題なかった」

と、船上から見る花火だけでなく、船内の料理やサービスが最高だったと口コミしています。

中には「某テレビ局の撮影屋形船に近く、芸能人が手を振ってくれた」という口コミもありました。

また、「酔ってしまった」、「小さな船でトイレがなかった」など、ネガティブ口コミもありましたが、ほとんどの人が隅田川花火大会を屋形船で見たことに満足されています。

まとめ

隅田川花見大会の屋形船についてご紹介しましたが、みなさんいかがでしたか。

今年の隅田川花火大会は2018年7月28日(土)です。

屋形船からの観覧が気になった方は、早めの予約をして、リッチな気分になれる、夏の思い出を作りましょう。

LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする