冷えたうなぎをふっくらうなぎに変える温め方を紹介!簡単な方法で美味しく食べるには?

スポンサーリンク

こんにちは、ライターのayamamaです。

土用の丑の日には、あなたも家族でうなぎを食べませんか?

鰻屋さんで食べるのもいいけれど、自宅でゆっくり楽しみたい時はスーパーなどでうなぎを買ってきてお家でうな丼を作って食べたりしますよね。

わが家でもよくスーパーでうなぎを購入して食べるのですが、なかなか上手に温めることができなくて悩んでいました。

身も堅いままだし、香ばしさがないんですよね。

そこで今回は、冷えてしまったうなぎをふっくらとおいしく変える温め方などをご紹介していこうと思います。
ぜひ、参考になさってください。


スポンサーリンク

うなぎを美味しく食べるための下準備は?

うなぎを温める方法はいろいろあるのですが、その方法をご紹介する前に美味しく食べるための下準備をご紹介しておきましょう。

うなぎを温める前の下準備

1.買ってきたうなぎをお皿などに移す。
2.熱湯を注いで、たれを洗い流す。
3.キッチンペーパーなどで優しく水気を拭き取る。

これが下準備になります。

スーパーなどで購入した安いうなぎは、香ばしい香りをつけるために何度もたれを重ね付けいています。
ですから、ちょっと味が濃くて甘すぎるのと、うなぎ本来の味が感じられないことがあります。

そこでこのような下準備をしておくことでうなぎ本来の味を楽しむことができるのです。

魚焼きグリルを使った温め方は?

つぎに、幾つかある温め方のうちの一つ、魚焼きグリルを使った温め方をご紹介しておきましょう。

いろいろな温め方がある中で、魚焼きグリルを使う方法は香ばしく温めることができるというわけで人気があります。

それでは、実際の温め方をご紹介しておきましょう。

1.うなぎがくっつかないように、アルミホイルに油を敷いてうなぎを置きます。
2.うなぎに大さじ1程度のお酒を振ってアルミホイルでしっかりと包みます。
3.魚焼きグリルで5分ほど、中の弱火で焦がさないように焼きます。

ポイントは、お酒をふって安いうなぎの臭みを取ることです。
焼いた後にたれをかけるか、お酒を振る前にたれをかけてもOKです。

スポンサーリンク

フライパンを使ってうなぎを温める方法

つぎに、フライパンでうなぎを美味しく温める方法をご紹介しましょう。

フライパンを使って蒸し焼きにするとふわっとやわらかく仕上がります。
フライパンなら1人暮らしの方でも自宅にあるので簡単に美味しくうなぎを食べることができるでしょう。

では、フライパンでうなぎを温める方法です。

1.うなぎがくっつかないようにアルミホイルに油を敷いてうなぎを置きます。
2.うなぎにお酒を大さじ1程度振ったらアルミホイルでしっかり包む。
3.ふたをして弱火3分程度焼いたら出来上がりです。

焦がさないように弱火にして様子を見ながらやきましょう。

オーブントースターで美味しくうなぎを温める方法

次にオーブントースターを使ってうなぎを美味しく温める方法もご紹介していきましょう。
オーブントースターを使うとフライパンや魚焼きグリルのように火を使わなくていいので香ばしくパリッとうなぎを焼くことができます

それではオーブントースターを使った温め方です。

1.うなぎがくっつかないようにアルミホイルに油を敷いてうなぎを置く
2.アルミホイルでうなぎを包む。
3.オーブントースターで140度で10分程度焼く。
4.アルミホイルを開けて180度でさらに5分程度焼くと出来上がりです。

オーブントースターで焼くときは最後にアルミホイルを開けて焼き色を付けると香ばしく食べることができます。

冷凍や真空パックのうなぎを温める方法

最後に、冷凍や真空パックのうなぎを温める方法もご紹介しておきましょう。

1.冷凍うなぎは自然解凍か冷蔵庫解凍しましょう。
2、解凍された真空パックのうなぎをそのまま湯煎にかけて温めます。
3.温めたうなぎをパックから出したら、魚焼き用の網にのせて中から強火で焼きます。
4.表面がブツブツと泡だってきたら焼き上がり。
5.最後にうなぎのたれを全体に塗ったら軽くあぶって出来上がりです。

このように真空パックの冷凍も美味しく食べるには少し焼くのがオススメです。
香ばしく焼き上げれば冷凍でも美味しく頂けるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、うなぎを美味しく温める方法についていくつかご紹介してまいりました。

いくつかの方法をご紹介してまいりましたが、一番のオススメは魚焼きグリルを使った温め方です。
ふっくらと香ばしく焼きあがるので、魚焼きグリルがある方はぜひ挑戦してみてください。
ほかに、簡単にオーブントースターを使ったりいろいろな方法を試して、自分に一番合っている方法を見つけるのがいいですね。

せっかくなので安いうなぎも丁寧に温めて、おいしく頂けるので今回の記事を参考にしてみてくださいね。

LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする