いかに物を置かず、掃除を楽にするか!?

スポンサーリンク

どうもおはようございます。
今日は曇りなので洗濯物が乾くか心配ですね。
ですが!
こんな時は掃除が意外とはかどるもんです!
夏の場合は暑すぎて家にいるとグダってしまうんですが
曇りくらいの天気なら、早めに起きて床も玄関も台所もスイスイできちゃいます。
私は家に家具、家電を必要以上に置かないので
狭い家でも結構広々して見えます。
友人を招待して「え!広いね!すごーい!」と言われるのを期待するものの
実際には「え?これだけしかないの?ちょっと怖い」とドン引かれることの方が多く…
まあ、それでも広くのびのびしたこの生活を手放す気はないんですがね!
そんなこと言う友人も帰る頃には「うちも部屋を掃除しないと」と帰っていきます。
それをみてニヤニヤしている私もいかがなものかと思いますが。

大量の本に埋もれていました


昔は私も掃除嫌いでものすごい大量の本を抱えた人間でした。
必要なものはどこにあるかなんてわからず
家を出る前に焦って探しだすために部屋中をひっくり返し
部屋を片付けず家を出るものだから、親に帰ってからものすごく叱られたものです。
ですが、その時の私は「自分の部屋をなにしようが勝手じゃない!」と思っていました。
本は漫画も専門学校の資料も混ざって歩くたびに縦積みされた本が雪崩を起こし
毎日イライラしていましたが「片づける手段」=「掃除と廃棄と整頓」に結びつかなかったんです。
毎日周りに言われていたはずなのに、
心に余裕がなければ結局、何を言われても頭に入ってこなかったんだと思います。

断捨離ブーム


そんな私が人として整理整頓・掃除を身に着けたのは
断捨離ブームのおかげでした。
ブーム好きのミーハーな私は断捨離ブームに乗り
必要じゃない本、家具、何に使うかわからない部品や消耗品なども手放していきました。
親は私のミーハーぶりをいつも呆れて見ていましたが
今回の断捨離に関しては「お願いだから飽きないでほしい」と言われるほどでした。
そしてすっきりした部屋をみて私も毎日イラつくことがなくなりました。
親もうれしそうで、見ていて私も幸せになれました。
驚いたのが今でもブームは過ぎ去ることなく
掃除も整理整頓も大好きです。
(捨てるものがないので断捨離ブームはある意味では卒業かもですが)
物を買うのもとっても慎重になりました。
今はちょっと殺風景かな?とおもったので
観葉植物を置くかどうか悩んでます。
モンステラやウンベラータ、どちらにするか…
あまり大きく育ちすぎると視界に入ったときイラッとしないかどうか。
でも買うのは決定してるんです!
緑のある生活、いいですよね。
でもあまり管理をしなくてもよい植物にしよう、とは思ってるんですけどね、
根がズボラなんで。
今日も掃除しながら植物を置く位置でも決めようかな~。
それでは。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする