鶴見川花火大会2018 日程や駐車場 地元ならではの穴場スポットはココ

スポンサーリンク

鶴見川花火大会は、神奈川県横浜市鶴見区で行われている「鶴見川サマーフェスティバル」のメインイベントです。

約1,800発と、規模は大きくないですが、今年でもう32回目!

模擬店が出たり様々な団体のコンサートやダンスが行われたりと、1日中楽しめる夏のお祭りです。
その他、鶴見川をクルーザーやボートで渡れる企画もあり、船上から街を見ることができる、レアな体験ができます。

そんな地元民も毎年楽しみにしている花火大会イベントですが、駐車場や穴場スポット情報についてまとめてみました。
ぜひ参考にしてみてください。

鶴見川花火大会2018の日程

【日程】2018年8月18日(土)
    19:00~19:45
    ※荒天時は中止

【公式HP】http://tsurumigawa.com/event/

イベント会場はJRや京急の鶴見駅から徒歩15分ほどの佃野公園で行われますが、花火が打ち上げられるのは、その対岸の横浜市北部第一水再生センター内です。

花火はスターマイン中心に見れます。。。って、スターマインってわかりますか?

一か所から何個も連続して花火が打ち上げられるものをスターマインっていうそうです。
1個ずつ大きな花火がドーンと打ちあがるのもきれいですが、やはり連続発射だと、勢いもありますよね。
真っ暗な空が急に華やいで、花火大会って感じがします。

鶴見川花火大会の駐車場はある?

会場周辺に駐車場はありませんので、基本的には公共交通機関を利用するのが一番です。
夕方になると、交通規制がかかり、会場近くを車両が通れなくなってしまいますので、注意が必要です。

といっても、少し離れれば駐車場がありますので、2ヵ所ご紹介します。

鶴見シークレイン駐車場

まずはJR/京急の鶴見駅から徒歩1分、屋内駐車場の「鶴見シークレイン駐車場」。

ここは有料ですが、屋内駐車場でなんと予約ができます!
インターネットから空き時間も確認でき、そのまま予約もできるので、とっても便利です。
詳細はこちらを参考にしてみてください。

EPARK

イトーヨーカドー鶴見店

それから会場から1kmほど離れたところの「イトーヨーカドー鶴見店」。

こちらは例年16時から屋上を開放してくれるそうなので、早めに駐車場に車を止めて、お買い物を楽しんだり、夜の買い出しをしたりして、花火大会まで待つのがよさそうですね。

地元ならではの穴場スポットを紹介!!

イベント会場である佃野公園や佃野公園前の河原は、ちょうど対岸が花火打ち上げ場所ということもあり、見応えがある場所です。
大きな花火がドーンと夜空に咲くと同時に胸に響き、感動間違いなしのスポットです。

しかし少し離れても、きれいに花火が見えるスポットがあります!

それは先ほど駐車場を紹介したイトーヨーカドーの屋上です。
京急鶴見駅からは徒歩12分、JR鶴見駅からは徒歩15分と、イベント会場に歩いていく距離と同じくらいの距離にあります。
屋台が屋上にも並びますし、もちろん買い出しもすぐ行けて、トイレの心配もないという、いわば花火大会第二会場的な場所でしょうか。
小さなお子さんがいるご家庭などにもおすすめですね。

他には、鶴見川にかかる橋から見える花火もおすすめです。
新鶴見橋、森永橋、鶴見川橋、鶴見橋…と似たような名前の橋がいろいろありますが、いずれも花火観覧ができる場所です。
(ちなみに森永橋の近くには、森永製菓の工場があります。)

また、最初から混雑を避けたい……という人は、鶴見駅ホームや鶴見駅周辺で花火を観るのもよさそうですよ。

まとめ

鶴見川花火大会情報、参考になりましたでしょうか。
今年は東北地方の物産展も予定されているそうです。
特に車で行く人は、最終的にどこで花火を観たいか家族で相談しておくのもよさそうですね。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする