40代になったら気をつけるべき3つのこと

スポンサーリンク

40代半ばになって「健康」の為に努力していること

「健康」と「老化」


40代も半ばにさしかかり、「健康」について非常に考えるようになりました。
毎日にの生活の中で、自覚できるレベルの「老化」を非常に感じてきたからです。

「老眼」


ついこの間まで、自分はまだまだ大丈夫だと思っていました。
我が家の照明はほとんどが電球タイプの照明で、蛍光灯の白い明かりが少ないです。
ある日の夜、リビングで爪を切ろうとしたところ、ぼやけて切りにくかったことがありました。
さらに、夜、停車した車の中でスマホを操作しようとしたとき、画面の文字が見難いと感じたのです。
そして、焦点距離を離すと、見えるんです!!
老眼キター!

「体力」


これは明らかに分かるというわけではないのですが、何となく疲れが取れにくくなったり、すぐに疲れるようになったのです。
明確に判断できることではないので、あくまでも何となくですが、これも老化の症状の一つかなと思います。
そんなことが重なると、それに逆らおうという思いが出てきます。
もちろん、気持ちはまだまだ若いですし、出来ることならいつまでも元気でいたいと思うのが普通です。
老眼はもうなんともならないので、せめて体力や病気にならないなど、体だけは年齢より若い状態でいたいものです。

体をより若く維持しようと思ったらどうしたらいいか?


私が取り組み始めたのが、「ジムに通う」「規則正しい生活」「炭水化物と出来るだけ減らす」です。
「ジムに通う」
これは筋力を増強させることと運動を定期的に行うことで、体力を付けるのが目的です。
週に2、3回、ジムに通って、筋トレ1時間、有酸素運動30分~1時間。
これと並行して、プロテインを摂取します。
効率的に筋肉を付け、見た目にも分かるような筋肉を増やします。
筋肉が増えることで、脂肪が減少し、基礎代謝が上がります。
さらに、有酸素運動で全体の脂肪も減らします。
これがメインの取り組みになります。
「規則正しい生活」
夜は10時から11時までに必ず寝ます。
というか、眠くなります。(笑)
小さい子供と全く同じです。
そして、7時間前後の睡眠を確保して、出来るだけ早起きを心がける。
「炭水化物と出来るだけ減らす」
毎日、会社の食堂で昼食をとっていますが、その際にご飯の量を今間の2/3くらいにするように心がけています。
と同時におかずも出来るだけ、鶏肉や魚を選ぶようにしています。
夜ご飯は基本的に炭水化物をとりません。
まあ、ビールを飲んでいるからなのですが。。。。
これも飲み過ぎないように、1日1本程度で、休刊日を週に1度は設けています。
こんな感じの生活を3ヶ月程度続けていますが、非常に体調がいいです。
やはり、生活の基本は、食生活と睡眠だと、改めて感じました。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする