オイルヒーターは赤ちゃんにとって本当に安全!?ガードは必要!?暖房としては?

スポンサーリンク

寒くなってくると暖房を入れる機会が増えています。
暖房といってもストーブやエアコン、ファンヒーター、オイルヒーターなどいろいろな種類がありますが、あなたは何を使っていますか?
エアコン、ファンヒーターですか?
我が家はファンヒーターです。やはり、すぐに暖かくなるのでいいですね。

ですが、赤ちゃんがいるご家庭では、できるだけ安全な暖房を利用したいですよね。

暖房の種類の中でオイルヒーターが赤ちゃんにとって安全という話は聞いたことがある方も多いでしょう。
では、本当にオイルヒーターは安全なのでしょうか?
今回は、赤ちゃんのいるご家庭でオイルヒーターを使う事のメリットやデメリットなどについてお話していこうと思います。

オイルヒーターとは?

密閉したパネルの中に難燃性のオイルを入れて、電気で温めて循環させることで輻射熱を利用して部屋を暖める暖房器具になります。

オイルヒーターは、電気エネルギーで熱を作る仕組みなので熱源部分は完全に密閉されていて空気を汚す心配がありません。

また、本体から動作音がほとんどないのも特徴です。

オイルヒーターが安全な理由


オイルヒーターは、安全なので赤ちゃんのいるご家庭でも安心して使えるという話を聞いたことがある方も多いでしょう。

オイルヒーターは、なぜ安全なのでしょうか?

それは、オイルヒーター自体は本体から温風を拭きだすことはないので、赤ちゃんのヤケドなどが防げるからです。
本体内部で温められたオイルが循環することでパネルから熱を出して部屋を暖めるので、触ってしまってもヤケドの心配は低いです。

特に人気があるデロンギのオイルヒーターは、表面温度が60℃以上にならないように作られています。

また、放熱部も赤ちゃんが指を挟んだりしないようにガードされているのも安全な理由です。

ただ、その反面、ファンヒーターなどに比べると、暖かさという面では劣るかと思います。

赤ちゃんガードは必要?

では、オイルヒーターを使う時には赤ちゃんガードは必要なのでしょうか?

安全性についてはお話しましたが、赤ちゃんが触ってもヤケドはしないような温度設定になっているのでガードは無くても使えます。

ただ、ヤケドの心配はなくてもタイマーやスイッチを触っていたずらしてしまう可能性があるのでガードを利用している人もいます。

特にハイハイやつかまり立ちなどができるようになった赤ちゃんは、さまざまなものに興味をもって触れてしまう可能性があるので、気になる場合にはガードを利用しましょう。

オイルヒーターのメリット・デメリット

では、オイルヒーターのメリットやデメリットはどのようなことなのでしょうか?

メリット

オイルヒーターのメリットは空気が乾燥しないことです。
他の暖房器具はどうしても部屋が乾燥してしまいがちですが。オイルヒーターは内部のオイルを温めた空気をファンで送り出すので乾燥はしません。

また、空気が汚れないこともメリットと言えます。
輻射熱と自然対流で部屋全体を温めるので埃などがまき上がることもありません。

さらに石油ファンヒーターのように石油の補充をする必要もないので手間がかからないのもうれしいポイントでしょう。

デメリット

ひとつめは、エネルギー効率が悪いので電気代が高いということです。
エアコンや石油ヒーターのようにつけてすぐにあたたまるのではないので、電源を入れてから30分以上かかって温まります。
その間も電気代はかかってしまうので、すこし電気代が高くなります。

また、実はオイルヒーターはもともとヨーロッパで多く使われてきたものです。
ヨーロッパの建物は断熱性に優れています。
けれども、日本の家屋はヨーロッパの家屋に比べると断熱性が低く、オイルヒーターで温めるのには時間もかかってしまいます。

最後にもうひとつのデメリットとしては、廃棄が難しいことです。
本体に大量のオイルが入っているので回収に高額な費用がかかる可能性があります。
地域により廃棄方法が違いますので、事前に確認しておくといいでしょう。

オイルヒータの電気代はいくら?

オイルヒーターは電気代が高いというデメリットをお話ししましたが実際にはどのくらいの電気代がかかるのでしょうか?

たとえばオイルヒーターが1500wの消費電力で1日16時間利用、1か月だと19440円となります。
16時間も使わない、8時間位という場合には半分の1万円程度となります。

省エネのエアコンに比べると高くなりますね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、赤ちゃんがいるご家庭におすすめのオイルヒーターについてご紹介してきました。

オイルヒーターが安全というのは、触っても熱くないことや空気を汚さないといったメリットがあるからですね。

とはいえ、もちろん電気代が高い、なかなか温まらないなどのデメリットもありますので使う部屋や使い方によってオイルヒーターがあっているかどうかを検討してみると良いでしょう。

LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする