上尾花火2017 日程や駐車場は? 混雑状況・穴場スポットも紹介!

スポンサーリンク

こんにちは、ライターのayamamaです。

埼玉県の上尾市で開催される毎年19万人もの人が訪れるという花火大会。

あげお花火大会2017は2017年8月5日に行われます。

今回は、そんな上尾花火大会に一度は行ってみたいと思っている方のために日程や混雑予想、穴場スポットなどをまとめてご紹介していこうと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スポンサーリンク

上尾花火大会とは?

まずは、上尾花火大会についてご紹介していきましょう。


埼玉県上尾市の開催される毎年恒例の花火大会。
毎年、15万人を超える観客でにぎわう上尾市の夏の一大イベントとなっています。

大会では100発以上の尺玉や大スターマイン音楽花火などさまざまな花火が観客に魅了されています。

さらに、上尾花火大会は屋台もたくさん出店することでも知られています。
露店がたくさんあるので食べ歩きを楽しむこともできます。

2017年上尾花火大会の日程は?

それでは、今年の上尾花火大会の日程もご紹介しておきましょう。

開催日:2017年8月5日(土曜日)19:00~21::00
雨天の場合は、翌週の8月12日(土曜日)に延期

開催場所:埼玉県上尾市平方荒川河川敷

打ち上げ数:約10000発

アクセス方法は
JR高崎線上尾駅西口から臨時バスで約15分「JAさいたま平方支店前」で下車。
徒歩15分になります。
臨時バスは16:00から運行されています。

上尾花火大会で駐車場はあるの?

上尾花火大会は、最寄駅から打ち上げ会場が離れています。
ですから、できれば車で行きたいと考える方も多いでしょう。

会場近くの駐車場は、丸山公園の駐車場に約500台あります。

また、開平橋付近の駐車場は2500台停めることができます。

この二つの駐車場は非常に混み合っているので早めにいかないと空きがなくなるかもしれません。

上尾花火大会の混雑予想や穴場スポットは?

では、上尾花火大会はどのくらいの混雑が予想できるのでしょうか?

最初にもご紹介したように上尾花火大会は、毎年約19万人の人が訪れるということでかなりの混雑が予想されます。

そこで、ゆっくりと花火を鑑賞できる場所を見つけておくといいですね。

ここで上尾花火大会のおすすめスポットをご紹介しておきましょう。

有料席はありませんが、花火の協賛5000円一口の協賛席はあります。
花火大会公式鑑賞エリアは荒川河川敷になります。
混雑が心配になりますが、かなり広大な敷地なので思ったよりは混雑しないでしょう。
花火の打ち上げ地点から離れるように北に行くとレジャーシートを敷いて楽しむことができます。

穴場スポットをご紹介

開平橋南側の荒川河川敷と田畑地帯


迫力のある花火を鑑賞したいという方におすすめのスポットです。
ほとんど観客がいなくて、地元の人達だけなのでゆっくりと花火を楽しむことができます。
田畑は私有地なので無断で入ってはいけません。

上尾丸山公園


花火の打ち上げ地点の北にある公園です。
花火大会当日には屋台も出ていて、公園なので児童遊園地などもあるので子供と一緒でも楽しめるスポットです。

上尾丸山公園は、木々が多いのでしっかりと花火を見るための場所を確保するには早めに行くことをオススメします。

上尾丸山公園西側の荒川河川敷


上尾丸山公園からすこし西にいったところの荒川河川敷。
花火の打ち上げ地点から近いのに観客がすくないスポットです。
上尾丸山公園内で見やすい場所がなかったら、荒川河川敷の方に行ってみましょう。

川越運動公園


上尾花火大会は、川越運動公園からでも楽しむことができます。
上尾市のイベントということで川越市側は意外と混雑しないので穴場となっています。
とくに川越運動公園には無料駐車場もありますので、車で出かけようと思ってる方にもおすすめです。

このようにかなり大きな花火大会なので、わりと離れたところからもしっかりと花火を見ることができます。
自分にとってよいスポットを見つけましょう。

スポンサーリンク

まとめ


いかがでしたか?

今回は、埼玉県の上尾市で行われる上尾花火大会についてご紹介してまいりました。

埼玉県ではかなり大きな規模の花火大会という事で周辺からたくさんの人が訪れる花火大会です。

もちろん、屋台や露店などもたくさん並ぶので早めに言って食べ歩きを楽しむのもいいでしょう。
広い敷地なので思ったよりは混雑していないかもしれません。

今回ご紹介したようにたくさんの穴場スポットもあるので、利用してみてはいかがでしょうか?

今年の夏は上尾花火大会に行ってみてはいかがでしょうか?

LINEで送る
Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする